「孫育て」のために知っておきたいこと

私たちが生きていくためには、常に世の中と接点を持つ必要があります。
また、既成概念を捨てて、新しい情報を収集することも大事ではないでしょうか。
子育て経験を持つ人は、孫育てにも役立ちますよね。
しかし、自分の経験を押しつけるのはよくありません。
その時代に即した考え方や、正しい情報があるからです。
虫歯予防もそのひとつ。
子どもが虫歯で悩まないためには、赤ちゃん時代からのケアが必要とされます。
まず、赤ちゃんには虫歯菌がいないことを知っておきましょう。
子どもに虫歯ができるのは、その子を取り巻く人から虫歯菌をうつされるからです。
虫歯菌を子どもにうつさないためには、歯科関連サイトなどを参考にしながら注意することが大切です。
赤ちゃんにキスをする人も少なくありませんが、口へのキスはNG。
もちろん、大人が使ったスプーンや箸で赤ちゃんに食事を与えるのもよくありません。
ある程度の年齢の人は経験あると思いますが、大人が噛んだ食事を与えるのも止める必要があります。
子育て世代のなかには、親世代(祖父母世代)に遠慮して意見できない人もいるかもしれませんね。
そのため、親世代が気を付けることが大事ではないでしょうか。