ホームページ制作に掛かる費用はどう処理するの?

みなさんのなかには、独立・起業を検討中の人もいるでしょう。
あるいは、既に独立して仕事を始めた人もいるかもしれません。
仕事をするうえで、ホームページ制作は重要な役割を持っています。
しかし、そのための費用をどう処理すべきか、迷う人もいるのではないでしょうか。
また、会社員時代とは異なり、大きな障壁になるのが「税務申告」の存在です。
ここでは、個人事業主の「確定申告」に関してお話しましょう。
個人事業主になると、1年間(1月1日~12月31日)に発生した取引について、翌年2月中旬~3月中旬までに「確定申告」をする必要があります。
そのためには、日頃の記帳をベースにした決算書類が大きな鍵を握ります。
申告時期になってから慌てないためにも、疑問点は早めに解決しておきたいですよね。
ちなみに、ホームページ制作費用は、状況に応じて3通りの処理方法があります。
詳細はさておき、「広告宣伝費」として計上できることを知っておくとよいでしょう。
また、ほかの2つについては、管轄内の税務署に照会することが望まれます。
なお、開業後の一定期間は、税理士による無料記帳指導が受けられるため、税務署で「開業届」などの提出時に相談してはいかがでしょうか。